アースバー・分岐バー

安全性を確保し、機器をつなぐ~アースバー・分岐バー~

畑鉄工株式会社の運営する「銅加工.com」では、銅を中心とした金属の加工を手がけております。こちらでは当社がこれまでに手がけた製品のうち、電気機器の安全性を確保するうえで欠かせないアースバーや分電盤の接続に使用される分岐バーをご紹介します。

畑鉄工のアースバー

電気機器には安全性を確保するため、接地(アース)が必要です。当社では制御盤や分電盤の接地用に用いられる銅バーの加工をうけたまわっており、穴開け加工やタップ加工も可能です。

必要電気量、取り付け方法に対応し、あらゆるサイズ、あらゆるピッチで各種メッキ加工も製作可能です。また、小ロットから量産品まで対応可能です。

畑鉄工の分岐バー

分電盤の各渡りバーとして使用されています。ブレーカーと制御盤や分電盤の母線として使用される「主幹バー」を接続したり、主幹バー同士を接続したりするものです。各種メッキ加工や、絶縁チューブによる絶縁処理も可能です。

ご用途、ご要望にあわせて購入いただけるブスバー・アースバーのWEBSHOPページです

銅加工・金属加工に関するお問い合わせは畑鉄工が監修する「銅加工.com」までtel06-6783-8234 fax06-6783-8238

このページの先頭へ